ファンデーションなしの方がお肌には良いの?

結論から言いますと、ファンデーションなしの方が肌には効果的です。

ファンデーションには、シリコンをはじめ油分が含まれています。
これだけで、毛穴を塞いで黒ズミや開きの原因につながります。
放っておくと、ファンデが詰まりニキビや肌荒れへとつながってしまうのです。
ですから、クレンジングを毎日行うことが大切なのです。

ただ、クレンジングも力を入れて行うと逆効果です。
肌に必要な油分や水分も一緒に落としてしまうと、肌の保水力自体が低下します。
すると、乾燥しやすい肌質になって肌荒れを引き起こし易くなります。
こうなると、余計にファンデで隠そうとして悪循環に陥ります。

クレンジングの基本は、肌表面に付いた成分や油分を洗い落とすこと。
ですから、摩擦でゴシゴシしたり何度もすすいだりする必要はないのです。

反対に、ノーファンデで済ませている場合は、毛穴汚れもほとんどありません。
そのため、ニキビや肌荒れになることもありません。
洗顔のしすぎによる肌乾燥もほとんど起こしません。
さらに、ノーファンデを続けることで、肌の肌理がよくなり素肌自体が綺麗になっていくという好循環になります。

ノーファンデでも、化粧下地+ポイントメイク(チークやアイメイク)+仕上げパウダーが基本です。
ノーファンデ≠スッピンなので注意してください。

チークやグロスだけでファンデーションなしはナチュラルメイク?

ナチュラルメイクというメイク方法が流行っています。
綺麗な素肌を活かした薄塗りのメイクということで、男性にも女性にも受けがいいようです。

そもそも、ナチュラルメイクってどのようなメイク方法なのでしょうか?

ナチュラルメイクのモットーは、「素肌を活かした薄塗りメイク」というもの。

ナチュラルメイクの方法は、スキンケア(肌保湿をしっかり行う)→UVケア(化粧下地でもUVケアのあるものは可)→薄くファンデ→コントロールカラーやコンシーラー→ポイントメイク→お粉というものです。

基本的にすべて肌の透明感と素肌を活かすため、薄塗りをすることが大切です。
薄いと肌の色むらが隠せないと思いがちですが、仕上げのお粉できっちり隠せます。
また、最初の肌保湿は非常に重要で、きちんと保湿しておくことがメイク崩れを防ぐ近道です。

質問にあるチークやグロスだけでノーファンデというのは、ナチュラルメイクの一種で、すっぴん風ナチュラルメイクといっても過言ではありません。
ノーファンデなので素肌をきちんと活かしていますからね。(もちろん、スキンケアは前提です)

チークは肌色や血色を整えるのに効果的なポイントメイク。
肌色や血色が気になる方は行っておきましょう。(ただチークだけだと周りと色むらが生じるのでお粉で整えたりしましょう)

グロスも濃すぎず薄すぎずがポイント。
血色を良くしたりぼやけた唇をなくしたりするのに効果的。

パールは少なめのほうが好印象です。

ファンデーションなしって変?下地、アイメイクだけがいいんだけど...

大人になったら、マナーとしてファンデをつけるのは当たり前。
そういう認識をもっている方も多いのではないでしょうか?

ところが、最近では、ファンデーションなしで下地やアイメイクなどのポイントメイクで済ませている方も多いんです。
これをすっぴん風ナチュラルメイクといいます。

すっぴん風ナチュラルメイクのメリットとしては、
・ファンデをつける手間が省ける(簡単にメイクができる)
・肌にダメージが少ない
・厚ぼったく感じない
・クレンジングが簡単である
というもの。
忙しい方や素顔を活かしたい方には、オススメのメイク方法です。

もちろん、すっぴん風ナチュラルメイクといっても、すっぴんで顔を出すということではありません。
基本的には、スキンケア→化粧下地→(コントロールカラーやコンシーラー)→ポイントメイク→お粉といった流れで行います。

ファンデしないから化粧下地は必要ないと思いがち。
しかし、化粧下地には、肌を紫外線から守ったり、肌理を整えたり、ポイントメイクのノリをよくしたりする効果があるので必須です。
必ず塗るようにしてくださいね。

肌の色むらやシミなど肌全体の統一感がないと思うときは、コンシーラーで気になる部分を隠すだけでOK。

ポイントメイクは、眉毛と唇だけは行っておくと効果的。
余裕があればビューラーも。
眉をパウダーで自然に描き、まつ毛をビューラーでカールさせ、ナチュラルな色のグロスや薄付きリップを塗る。
これだけでも素肌を活かしたメイクができますよ。

ファンデーションなしでコンシーラー使っても大丈夫?

化粧下地→コンシーラー
それとも、
化粧下地→ファンデーション→コンシーラー
のどちらが効果的なのでしょうか?

若い方や地肌に自信がある方は、無理にファンデを塗る必要はありません。
ファンデは地肌の上に新たにお面をつけるような感覚。
その上、ファンデを使うと多少なりとも肌に悪影響です。

地肌が若い方は、化粧下地を塗ったら直接コンシーラーで部分付けをしたほうが、肌には優しいです。
実際、モデルやタレントも数多く行っていますしね。
ただ、肌の色に近いコンシーラーを使わないと浮きます。

リキッドタイプのコンシーラーの方が伸び易く、肌には馴染みやすいです。
部分的なニキビなどを隠すのならば、スティックタイプで軽く薄塗りするだけでOKです。
それでも浮く場合は、周りを軽くフェイスパウダーで仕上げると効果的。

【ファンデなしのコンシーラーのメリット】
・メイクが崩れづらい
・厚ぼったくない
・肌への負担が少ないから荒れにくい
・クレンジングも簡単
・綺麗な地肌を活かせる
といったものがあります。

【ファンデなしのコンシーラーのデメリット】
・全体の均一感を出すのがコンシーラーだけでは難しい
・素肌が綺麗でないと難しい
といったものがあります。

地肌に自信がある方は、化粧下地→コンシーラーでのナチュラルメイクをオススメします。

ファンデ+コンシーラーをする場合、ファンデは肌の凹凸をなくしたり、色むらも隠したりなどで透明感+統一感のある肌に仕上がります。
また、シワやほうれい線などを隠してくれるため、-5歳肌にもなります。

ただ、ファンデ自体肌へのダメージも大きいため、クレンジングは必須です。
毎日肌管理をしていないと、すぐに肌荒れを起こすというデメリットもあります。

ファンデーションなしでもチークは使える?

ファンデーションなしのナチュラルメイクに仕上げる場合、チークは使うべきなのでしょうか?
これは、年齢や肌質によっても変わってきます。

年齢的に若く肌自体も綺麗な状態であるのならば、化粧下地→チークという方法もありです。
この方が肌ダメージは抑えられますしね。

ただ、化粧下地を塗っておく必要はあります。
チークなどポイントメイク自体は、肌にダメージが大きく色素沈着の影響も受け易いためシミの原因になるからです。
なので、必ずUV効果のある化粧下地かUVアイテムを使用してから塗るようにしてください。

働き世代や肌質が悪い方にとっては、あまりオススメできません。
というのも、チークというのは頬の部分を目立たせるもの。
決して、肌の凹凸やニキビなどを隠すものではないからです。
これらがチークにある場合は、コンシーラーで隠すなどが必要です。
チークを使うと余計に視線が集まってしまいますよ。

また、チークだけの場合、チークが浮いて周りの肌との色合いもずれる可能性があり変に映ります。
シワや血色が悪い肌の場合、ファンデで色合いを整えてからチークを塗った方が綺麗に見えます。

どうしてもファンデなしでチークをやるのでしたら、ファンデの代わりにベビーパウダーなどを全体に軽く塗しておきましょう。
そうすることで、肌全体の色合いもある程度整います。

自分の年齢と肌質を考えた上で行うことがポイントです。

ファンデーションなしでもバッチリ化粧してるように見せる方法

化粧しているか化粧していないかの見分けは、肌全体の統一感(シミなど目立つ部分がないか)や色ムラ(肌の血色)から分かります。

ファンデーションなしで化粧をしたように見せるには、いくつかポイントがあります。

●保湿をしっかり行う
スキンケアの際に、きちんと保湿をしておくことが大切。
保湿をしてから、きちんと乳液でふたをしてください。
その後冷風などで毛穴を引き締めることが大切。(ノーファンデだと毛穴は以外に目立ちますので、毛穴引き締めは必ず行ってください)
毛穴引き締め効果のある収れん化粧水はオススメです。

●化粧下地を塗って上からベビーパウダーをふる
化粧下地は肌を保護する目的があるので必ず塗ってください。
また、ベビーパウダーを薄くふっておくことで肌全体の色を整えることができます。

●コントロールカラーやコンシーラーを使う
シミやくすみなどはきちんとコンシーラーやコントロールカラーを薄く使って隠すことが大切。
周りの肌との馴染み具合を考えながら使ってください。

●ポイントメイクでメリハリをつける
薄いピンク系のチークで立体感を出したり、目の周りのハイライト効果を入れたりして肌にメリハリをつけることが大切。
ばっちりメイクをした印象を与えるのならば、アイラインやマスカラは効果的です。

●ハイライトを入れる
おでこの周りにツヤを出すことで綺麗にみせることができます。

●仕上げにルースパウダーをふる
肌全体の統一感を出すのと、メイク崩れを予防するのに効果的です。

ファンデーションの水ありと水なしって何が違う?

ファンデーションには、水を含んでいる場合と水を含んでいない場合の2種類があります。
これらの違いは何なのでしょうか?

【使い方】
(水ありの場合)
スポンジに水を含ませて絞って使う
(水なしの場合)
スポンジをそのまま使う
という違いがあります。

【効果】
(水ありの場合)
スポンジに水を含ませて使うタイプ(水あり)は、肌に水分量を増やす効果があります。
熱い夏場は汗や油脂が多い時期でもあるため、(水あり)タイプのほうが水分と油分のバランスが整います。
また、肌への密着度が高いため、肌理も整い易いタイプでもあります。
さらに、伸び易く滑らかなハリのある仕上がりになります。
夏場メイクを長時間キープするには、水ありタイプがオススメです。
反対に冬場は、乾燥しやすいのでオススメできません。
Tゾーンは水ありで対応すると効果的です。
ちなみに、水分量を多めにするとナチュラルになります。
(水なしの場合)
ふわっとした仕上がりになります。
水がいらないため、手軽に利用できる。
乾燥しやすい場所や時期は水なしを使用してください。